×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<!-- NINJA ANALYZE -->
<script type="text/javascript" src="http://code.analysis.shinobi.jp/ninja_ar/Script?id=00080272&hash=47afba20"></script>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
var analyze00080272 = ninja_analyze('00080272',36, '47afba20');
analyze00080272.Process();
//]]>
</script>
<!-- /NINJA ANALYZE -->

深見東州『大除霊』

深見東州『大除霊』書籍データ

大除霊

【著者のCD付き】
深見東州 著

判型:B6ソフト
ページ数:284
初版年月日:2009/11/01
ISBN:4-88692-923-0
税込定価:1,050円

読むとなるほど!と思うことばかりです。それでは内容を紹介します。

【聴くだけで運がよくなる著者のCD】が付いてパワーアップ!!
レオナルドTOSHUの年中非日常的ポッドキャスト
第10回ポッドキャスト お悩み相談
「簡単でおいしいレシピを教えてください」
「恨みの気持ちを捨てたいのですが・・・」

あなたは除霊を受けたことがあるだろうか。
そもそも"霊"とは何だろうか?

そう、夏の夜に…足のない…キャー…幽霊だ!…。
確かに全国各地には"幽霊の名所"が多数存在する。
どうして特定のところに霊が現れたり、現れない所があるのか?
また、なぜ幽霊を見える人と霊を見えない人がいるのだろうか…。

そもそも人は死んだら三途の川を渡って死後の世界へ旅立つと昔から言われている。
そうならば、何故全国各地に、否世界中に"幽霊の名所"が存在するのだろうか?

諸説紛々としている霊について、除霊の意義について、明快にわかる、そんな一冊です。
これで霊に対しる考え方が一変し、余計な怯えがなくなり、安らかに人生を送れることでしょう。

☆袋とじ特別付録も付いています。☆

●念とはなにか
●霊能者の悲しい宿命
●高級霊と低級霊を
●基礎的な審神の方法
●なぜ除霊が必要なのか
ほか

最後に私の感想です。

除霊(救霊)について、ここまで深くリアルに書かれた書物は、現代ではなかなかないのではないでしょうか。
この本を何度も読めば、霊的なことに関しての疑問の大部分は、解決するように思えます。「念の自己管理が霊を使いこなす基本」という話は、簡単なようで深い意味があり、そうだったのかと深く感動しました。

「ワールドメイトの倉」トップページへ戻る